【Bespoke Factory】 加賀染と越前和紙のビスポークノート

①まずサイズを選びます

A5 (210mm×148mm)

カバンでの持ち運びに適し、たっぷりと文字が書けます。
また、御朱印帳としてもお使いいただけるサイズです。

スクエア (150mm×150mm)

コンパクトにまとまった、15cm四方の可愛らしいサイズです。
いつもと一味違ったサイズのノートはいかがですか?

②次にノートスタイルを選びましょう

ノートタイプ

ノート+カバー付タイプ

③表紙のデザインを選びましょう

加賀野菜デザイン

ちょっと不思議な形の金沢伝統野菜”加賀野菜”をモチーフにデザインしました。
・鮮やかな朱色が美しい打木赤皮甘栗かぼちゃデザイン。
・可愛らしいシルエットを散らした加賀れんこんデザイン。
・コロンとした可愛らしさを色彩豊かに表現したヘタ紫なすデザイン。

星燈社デザイン

「日本の文化や精神性を、日常生活の中に取り入れてゆくきっかけを作る」
ことを出発点とした東京の雑貨屋メーカーさんです。
今回のデザインは金沢の街と文化を思い描いて独自に制作していただきました。

④中紙は書き心地を大切に

コフデ (生成り色)

写経など書に最適な
墨の濃淡、味のある滲み、かすれを豊かに表現できます。

tappitsu (生成り色)

薄くさらっとした手触りの和紙で、万年筆でもひっかからず、
味のある滲みでするすると文字が書けます。

櫛目ぱから (生成り色)

発色が良く、イラストレーションに最適です。
薄紙ながらも裏まで滲むことなく、水分量の多い水彩スケッチ、
墨絵などでも程よい滲みでお楽しみいただけます。

テガミ (生成り色)

つるつるとした薄紙で文字が書きやすくなめらかです。
鉛筆・シャープペンシル・ボールペンなどでの文字書きに最適です。

おはじき (ホワイト)

少し厚めのつるんとした和紙で、滲みにくく滑らかで耐水性があります。
万年筆から筆、つけペン、鉛筆、ボールペンと幅広くお楽しみいただけます。

⑤ページ数を選びます




※カバー付ノート差し込みタイプのページ数は指定は出来ません。ご了承ください。

⑥綴じ方を選びましょう

和綴じ

和紙を二つ折りにし綴じ側を糸で綴じる、日本古来より伝わる伝統的な綴じ方です。
いつもと一味違ったノートはいかがですか?

※和紙には表裏がありますが、紙を折って製本するので和綴じはどのページも表面になります。
※表面のみをお使いしたい方は和綴じをおすすめします。
※和綴じはノド側約10mmの所を紐で綴じるため、他の製法よりも開きにくくなっております。

ミシン綴じ

1冊の見開きの中央をミシン糸で綴じる方法です。
本をノドいっぱいまで開くことができます。
ノートを閉じると糸がステッチの様に見えるので、紐色で遊んでみると可愛く仕上がります。

中綴じ

二つ折にした紙の折目の部分を針金で留める方法です。
本のノドいっぱいまで開くことができます。

※中綴じは針金で留めるため紐色の指定ができません。
※和紙には表裏があり、中綴じの場合は表面部分と裏面部分が交互になります。
表面と裏面の書き味や色彩表現の違いをお楽しみいただけます。

⑦最後に綴じ紐の色を選んで完成です

好みにあわせて和綴じの糸の色を選べばまた自分だけこだわりノートの完成です。